News

ケイト・ウィンスレット、オンライン社会を巡る子どもたちのメンタルケアを訴える

言語切り替え:

BAFTA(英国アカデミー映画賞)で主演女優賞を受賞したケイト・ウィンストレットは、壇上でのスピーチで、デジタル時代における子供たちの幸福を守るための緊急対策の必要性を訴えた。

ウィンスレットの最新作『I AM ルース(原題:I Am Ruth)』は、ネットの世界に起因するメンタルヘルスの問題に直面する母子の葛藤を描いた作品で、ソーシャルメディアにのめり込み精神のバランスを崩していく娘と、娘との向き合い方を模索する母親の姿が生々しく描かれている。

本作で母親役を演じたウィンストレットは、子を持つ親たちの無力感に共感し、ティーンエイジャーとのオープンなコミュニケーションの重要性を強調した。

このほかウィンストレットは、不健全なオンライン環境に陥っている若者たちに向けて、恥じることなく助けを求めるよう促し、サポートが受けられることを保証した。また、変化をもたらす力を持つ人々の責任を強調し、子どもたちの幸福を優先し、有害なコンテンツを排除するよう促した。

ウィンスレットは、壇上での短いスピーチを通じて、子どもたちのメンタルヘルスを優先し、オンライン世界を安全に利用できるようにすることが急務であると強調した。

スピーチの全文(英語)はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です